品質保証への取り組み

お客様に安心・安全な製品をお届けするために、日本の食品衛生法などの各種法律に適合し、現地の各種検査に合格した製品のみ日本に輸入/販売しています。中国製造工場では、鶏の飼育生産から処理・製造・加工・物流・販売まで、一貫生産の体制をとっています。
また、農林水産省の認可を受けており、HACCP・ISOなどの認可を受けています。

品質の安全


調味料工場

原料フローチャート

原料受け入れ

原料受け入れの際は、入荷ロット毎に下記検査を行っています。

小麦粉類 防腐剤、甘味剤、スーダン色素、アフラトキシン、残留農薬
果汁・野菜類 防腐剤、甘味剤、スーダン色素、アフラトキシン、残留農薬
動物たん白類 防腐剤、甘味剤、スーダン色素、抗生物質、メラミン
色素系 防腐剤、甘味剤、スーダン色素、アフラトキキシン、残留農薬
油脂類 酸化防止剤、残留農薬
液体調味料
(しょうゆ、水あめ、酒、みりんなど)
防腐剤、甘味剤、残留農薬、メラミン
粉末調味料
(でん粉、香辛料など)
※検査頻度は原料により異なります。
※初回入荷時は100%検査を行います。
(初回以降は定期的に抜取り検査実施)

製品

最終製品に対しては、生産ロット毎に下記検査を実施しています。

・細菌検査(生菌数、大腸菌群)

・官能検査(味、臭い、色など)

液体調味料 防腐剤、甘味剤、酸化防止剤、スーダン色素、アフラトキシン、残留農薬、抗生物質、メラミン
粉末調味料
(でん粉、香辛料など)
防腐剤、甘味剤、酸化防止剤、スーダン色素、アフラトキシン

出荷
水質検査 生産で使用する水は年2回外部にて水質検査を行っています。
また、自社では週1回「生菌数、大腸菌群、残留塩素、pH値」の検査を行っています。
拭き取り検査 工場の設備、手、作業台などに対し、週1回「生菌数、大腸菌群」の検査を行っています。



食品加工工場

鶏肉加工品

養鶏
養鶏

養鶏場の外観

中国の協力工場で養鶏しているブロイラーは、高品質な飼料で飼育しています。
また、使用認可を受けた動物用医薬品・抗生物質のみを使用しております。

製造
製造

製造風景

中国の協力工場では、HACCPに準拠した衛生管理を行っています。
また、すべての工程において製造記録を付けることで、トレーサビリティーにも対応しています。

検査
検査

検査風景

最終製品は下記検査項目に対してチェックし、合格したもののみを出荷しています。
必要に応じて、自社で検査不可能な場合は、外部委託して検査を実施しています。


製品の検査 ・微生物検査(生菌数、大腸菌群、E.coli、サルモネラ属菌、黄色ブドウ球菌)
・官能検査(味、香り、食感、形状、色調など)
・抗生物質の残留検査


水産加工品

原料仕入れ
原料仕入れ

現地工場は化学薬品を使用禁止しています。安心安全の原料えびは契約養殖場から仕入れています。朝一番で水揚げした獲れたてのえびを工場に運びます。

製造管理
製造管理

現地工場では、HACCPに準拠した衛生管理を行っています。

原料、できあがり製品全てにおいて、品質検査、記録を行っています。
(微生物検査、細菌検査、官能検査)
全ての品質検査で合格した製品のみが、日本に向けて出荷されます。