卒園式・卒業式

こんにちは。営業推進部です。
3月と言えば、「卒園」、「卒業」の季節ですね。
そろそろ街中で袴やスーツを着て歩いている方や、
卒業証書を片手に制服を着た学生などを見かけるようになりますね。

 

学生のときは、卒業という明確な終わりがあり、
これまで一緒に居た人たちとの別れがあったので、
3月は思い出が深く刻まれているのではないでしょうか。

近年、コロナ禍のため、これまで当たり前のようにしていた行事ができず、
子ども達も保護者もコロナの影響を強く受けていることと思います。
卒業式では、参列の人数制限や式の短縮など、仕方ないことですが、親としては切ない気持ちになります。

卒業生にとっては、学校で過ごす最後の日、
保護者にとっては子供の門出を見届けるハレの日となる卒業式です。
教員にとっても、成長を見守れる最後の日、そして児童・生徒を新たなステージへ送り出す大切な日です。
制限のある中でも、今月「卒園式」、「卒業式」を迎える全ての子供たちが、思い出のある素敵な1日を過ごしてほしいですね。
そして、このような事態が1日でも早く終息することを願っています。