夏冷えに要注意!

こんにちは、東京支店2部の大西です。

まだ暑い日々が続いていますが、みなさんいかがお過ごしですか?

夏場は暑いからといって、冷房の効いた部屋や冷たいものを食べて体を冷やしすぎてはいませんか?

実は夏こそ冷え対策をしなければならない季節なのです!

 

・疲れが取れない

・胃痛、頭痛、腰痛

・食欲不振、肌荒れ

・風邪をひきやすい

 

このような症状がある人はもしかしたら「冷え」が原因かも?!

熱中症予防を取り込んでいるうちに、知らず知らずと体が冷えすぎていることがあります。

夏冷えの原因には、室内外の温度差が激しい、冷たいものの食べすぎ・飲みすぎ、運動不足、睡眠不足などがあるので要注意です!

 

では、夏の冷え性を予防できる方法をご紹介していきます!

 

✓1日3食バランスの良い食事をとる 

暑さで食欲が低下し、栄養が偏りがちですので、体を温める効果のある生姜、ねぎ、にんにく等の香味野菜を使って食欲を促し、栄養バランスの整った食事をを心がけましょう。

バランスの良い食事についてはこちらを参考にしてみてください。

 

✓運動をする 

暑い中だと汗をかくのが嫌で体も動かしたくないですよね、、、

しかし、運動不足は体の代謝を低下させ、血液循環も悪くしてしまい、冷え性を招いてしまいます。まずは軽い運動で大丈夫ですので、近所を散歩する、階段を使う、就寝前にストレッチをするなど、体を動かしてみましょう。

 

✓湯船に浸かる 

夏はシャワーだけで済ませがちですが、ぬるめのお湯にゆっくり浸かって、体を温めましょう。血流がよくなり、冷え対策に有効です。

 

冷え性は女性に多いですが、男性もライフスタイルやストレスによって冷えを感じる方が増えているそうです。

自分が夏冷えでないかどうかチェックし、早めに対策をしていきましょう!