お便所の神様

こんにちは、営業推進部です。

少し前の話になりますが、大ヒットした歌で『トイレの神様』という歌がありました。
トイレをきれいにすると金持ちになる、美人になる、美しい子が生まれるなどと聞いたことはありませんか。
また便所のスリッパは次の人が履きやすいようにそろえてからでるなど、
便所の神様が上から見ていると言われたことはありませんか。。。。

また最近ではトイレをきれいに掃除すると運気があがると言われたりしております。
トイレ掃除に力を入れる会社や有名人がいると聞いたこともあります。
『トイレの神様』の歌を聞いたときに大昔、訳もわからずおばあちゃんやお母さんから同じようなことをきいたように思います。
文献やネットで調べてみると昔から、やはりトイレには神様がいると考えられていたようです。

 

烏枢沙摩明王(うすさまみょうおう)という、火の神、厠の神(便所の神=トイレの神)です。
烏枢沙摩明王は、烈火で不浄を浄化し清浄と化す力をもつとされ、心の浄化のみならず、
日常のあらゆる不浄を焼き払い清める功徳があるとされています。
そのため便所に祀られることが多く、厠の神(便所の神様=トイレの神様)として人々の暮らしを守ってきたと言われております。
私の幼少期に住んでいた実家のお便所にはたまに一輪挿しがあったような記憶はあるのですが、
便所に神棚を設けたり、花や酒を供えたりしているところもあるようです。
厠の神(便所の神=トイレの神)は火の神でもあるため、その烈火で不浄を浄化し清浄と化す力をもち、
不浄除け、運気や金運上昇のご利益があるとされています。
ですから、トイレをきれいに掃除すると、厠の神がたくさんの功徳を授けてくださると考えられるようになりました。

 

また、トイレ掃除は心の掃除にもつながっています。
人が嫌がるトイレ掃除を進んですると、心も浄化され清らかな気が流れるので、
トイレをきれいにするほど運気が上がり、金運も上昇するというわけです。
また、便器のふたは閉めておき、窓を開けたり換気扇をまわしたりして換気をよくしておくとさらに良いといわれています。

 

最後に先ほども述べさせて頂いたように運気向上や、
お金持ちになれるだけでなく単にこれからもどこのお便所や洗面所をおかりした後は、
次に使われる方々が気持ち良く使って頂けるようにきれいにしてお便所を一生涯使わせて頂きたいと思っております。
皆さまもこのコラムを読んで少しでも思いあたったことや気づいたことがあればためして頂ければと思います。