埼玉県の郷土料理の紹介

こんにちは!加工食品部の営業担当です。
今回、私の出身である埼玉県の鶏肉?料理を紹介したいと思います。

 

埼玉県東松山市の御当地人気料理である「やきとり」は、
農林水産省選定「農山漁村の郷土料理百選」で選ばれたこともあります。
ただ、鶏肉を使用した「焼鳥」ではなく、
「豚のカシラ肉を使ったやきとり」が「焼鳥」になります。
「やきとり」は炭火で焼いて、辛い味噌ダレをつけて食べます。
「豚のカシラ肉」は豚のほほとこめかみの部分の肉で、独特の歯ごたえと旨味があります。

 

そもそも、東松山が「やきとり」を鶏肉ではなく豚肉を使う様になったのは、
戦後の食糧難と地域の食肉センターが関係しています。
当時は物資や食糧が不足しており、肉も貴重で高価なものでした。
その代わりに安価で手に入る豚のカシラ肉を使うようになったのが由来とされています。
また、地元には大きな食肉センターがあった為に新鮮で安くカシラ肉を入手できた事も要因となりました。

ぜひ、一度埼玉県東松山市に訪れて「やきとり」を食べてみてはいかがでしょうか?

 

(こちらは、「ゼリーフライ」。
おからとじゃがいもと野菜を混ぜて丸く成型して油で揚げてあります。
埼玉県行田市で食べられているそうです。)