海外の鶏料理!(タイver)

こんにちは!

東京支店 川村です。

 

本日は、海外の”鶏料理(タイver)”について記載させて頂きたいと思います!

 

旅行が趣味!という方は多いかと思います。

コロナ禍で国内旅行、海外旅行に行けない日々が続いておりますが、

海外の料理を食べたり作ったりする事で、少しでもリフレッシュになれば良いなと思います。

 

 

これまで海外に旅行や出張で行った際に、食品会社で働く者として気になるのは

やはり“世界の食文化”です!

 

今回は以前出張で行く機会が多かった、

”タイ”の鶏肉に関して、少しご紹介させて頂きます。

 

日本の食卓には、タイからの鶏肉がたくさん並んでおります。

その量、生の原料肉ですと、月間およそ1万トン

加工品(唐揚げ、フライドチキン等)ですと、月間およそ2万5千トン近く日本に入ってきております。

正直、数字だけ見ても全然想像できないくらいの量ですよね。

タイはその他にも、ヨーロッパや中東など、世界中の国に鶏肉を輸出しております。

 

海外にこれだけの鶏肉を輸出しているので、もちろんタイ国内でも鶏肉料理が

たくさんあり、愛されております。

その中でも、タイの定番料理として、個人的に好きな料理が、

*ガイヤーン

ガイ(鶏肉)+ヤーン(焼く)

タイ料理は素材、工程、などを並べたまんまの料理名になってますね。

鶏肉をマリネ液に漬け込んで炭火などで焼いた料理です。

直訳すれば”焼き鳥”とシンプルな料理なのですが、

半身鶏をそのまま焼く定番のものから、

日本の様に串に刺したものまで、形状、部位も様々です。

また、漬け込み液にナンプラーコリアンダーレモングラスなど

タイならではの調味料を使用しているお店も多いです。

レストラン、スーパー、屋台、どこで食べる物も少しずつ味が違うので、

タイ料理を食べる機会があればぜひトライしてみてください!

 

その他にも、定番ですが、

ガパオガイ⇒おなじみ、鶏肉のバジル炒め

カオマンガイ⇒薄味のライスの上に蒸し鶏がのっているとてもシンプルな料理

トムヤムガイ⇒トムヤムクンのエビが鶏になったバージョン

他にも様々な料理に鶏肉が使用されております。

 

シンプルだけど美味しい!

こんな味付けがあるのか!?

などなど、海外の料理にはいつも何かしらの発見があり面白いです。

 

色々なアイデアの中から、

新しい商品につながる様、努めていきたいと思います!