中国の通販商戦「独身の日」ってご存じですか

みなさん、こんにちは。中国・青島事務所の代です。
今回は中国の通販商戦「独身の日」を紹介したいと思います。
独身の日とは、中国において一年間で最大のセール日のことです。
開催日は11月11日で、数字の1(いち)をシングル=独身に見立てて、
このように呼ばれています。
日本で言えば夏と冬のバーゲンセール、
アメリカで言えばクリスマス商戦、みたいなものでしょうか。

もしかしたら独身の日のセールについて、
日本の報道でも見かけられた方もいらっしゃるかもしれません。
このセールを開催されている中国の通信販売サイトをいくつかご紹介します。

・アリババグループ
・京東グループ

このなかでも最大の商品取扱額を記録したのはアリババグループで、
なんとたった「1日」で約9.6兆円とのことです。
例えば日本の楽天の「2020年度の1年間」の商品取扱額は約4.6兆円です。
その規模の大きさが分かりますよね。

独身の日のセールには中国の企業はもちろん、
日本の有名企業も多数参加しています。
空港の免税店で見かけるような化粧品や日用品などが有名ですよね。

新型コロナの影響もあり消費者の消費行動も変化しています。
百貨店などの実店舗に行かずに、通販で商品を購入してしまう、
今後もこのような消費行動が無くなることはないでしょう。
時代の変化に合わせて自分自身の行動・意識も変えて
いきたいと思います。